真山 達志 個人ホームページ

研究業績等



■著書・論文
1.「政策インプリメンテーション研究―アメリカ合衆国における政策インプリメンテーション研究の現状と意義」(『中央大学大学院研究年報 法学研究科編』第12号 ―1,1983・昭和58年3月)
2.「政策研究と政策実施分析―行政研究の分析モデルに関する一試論」(『法学新報』第92巻5・6号,1986・昭和61年3月)
3.「政策と政策研究」(行政管理研究センター調査研究部編『概説 行政管理』,行政管理研究センター,1987・昭和62年3月)
4.「レーガン政権における規制行政の動向―規制緩和をめぐる行政管理」(『行政改革の実践―日本・アメリカ』行政管理研究センター,1987・昭和62年3月)
5.「レーガン政権の規制改革―連邦官僚制コントロールのためのレーガンの試み」(茨城大学政経学会雑誌』第56号,1988・昭和63年3月)
6.「水戸市行政組織の動態」(『都市と市民生活』茨城大学地域総合研究所,1988・昭和63年3月)
7.「政策の実施」(行政管理研究センター調査研究部編『政策研究のフロンティア』行政管理研究センター,1988・昭和63年3月)
8.「政策要素と実施システム―建築行政を例として」(『季刊 行政管理研究』第42号,1988・昭和63年6月)
9. 「政策デリバリー・システムの分析」(『行政体系の編成と管理に関する調査研究報告書(昭和62年度)』総務庁,1988・昭和63年8月)
10.「政府組織の研究―理論的検討の素材として」(『組織と政策―行政体系の編成と管理―』行政管理研究センター,1989・平成元年3月)
11.「茨城県のリゾート開発における民間の役割と公的規制」(『茨城大学地域総合研究所年報』第23号,1990・平成2年3月)
12.「政策デリバリー・システム」(『行政体系の編成と管理に関する調査研究報告書(平成元年度)』総務庁,1990・平成2年3月)
13.「政策実施の理論」(宇都宮深志・新川達郎編『行政と執行の理論』東海大学出版会,1991・平成3年4月)
14.「行政と政策研究―地方自治体の行政実務と政策研究の接点―」(山梨学院大学行政研究所編『政策研究と公務員教育』第一法規出版,1992・平成4年1月)
15.「自治体における市民ニーズと政策」(『都市問題研究』第44巻第3号,1992・平成4年3月)
16.「第三セクターによる学研都市建設―関西学術研究都市―」(行政管理研究センター監修・今村都南雄編著『「第三セクター」の研究』中央法規出版,1993・平成5年9月5日)
17.「商法改正で見直しが迫られる第三セクターの経営姿勢―株主代表訴訟の改正などを中心に―」(『地方財務』第473号,1993・平成5年10月)
18.「地方分権に関する基本法制定への課題」(『地方財務』第476号,1994・平成6年1月)
19.「政策実施過程とネットワーク管理」(『法学新報』第100巻第5・6号,1994・平成6年6月)
20.「実施過程の政策変容」(西尾勝・村松岐夫責任編集『講座 行政学(第5巻)』有斐閣,1994・平成6年11月)
21.「政府体系における政策実施システムの分析」(『政府体系の研究』中央大学社会科学研究所研究報告書,1995・平成7年2月)
22.「地方自治体における危機管理システム」(『ジュリスト―阪神・淡路大震災特集』,1995・平成7年6月)
23.『ホーンブック 行政学(第3版)』(第1章,第3章担当 1999・平成11年4月)
24.「危機発生時のおける行政システムの課題」(『都市問題研究』第49巻第1号,1997・平成9年1月)
25.「防災行政の課題」(日本行政学会編『年報行政研究32号 比較の中の行政と行政観・災害と行政』ぎょうせい,1997・平成9年5月)
26.「特殊法人の民営化に伴う法と行政の変化」(今村都南雄編著『民営化の効果と現実―NTTとJR』中央法規,1997・平成9年10月)
27.「政策過程のやさしい基礎知識」(佐々木信夫編著『政策開発―調査・立案・調整の能力』ぎょうせい,1998・平成10年4月)
28.「都市自治体の政策能力」(『TOYONOKAビジョン22』Vol.1,1998・平成10年5月)
29.「自治体におけるアカウンタビリティ」(『ぎょうせいEX』第11巻第4号,1999・平成11年4月)
30.「政策選択の革新―事務事業評価と予算編成の公開」(大森彌編著『分権時代の首長と議会―優勝劣敗の代表機関』ぎょうせい,2000・平成12年1月)
31.「官僚制の現在」(梅津實・富沢克編著『エッセンシャル政治学』成文堂,2000・平成12年4月)
32.「省庁組織の安定性と再編成―中央省庁再編の分析のための予備的考察」(『法学新報』第107巻第1・2号,2000・平成12年8月)
33.「地方政府の行政改革とガバナンス・イメージ」(藤井功・林沼敏弘・正木卓・戸政佳昭との共同執筆)(『同志社政策科学研究』第2巻第1号,2000・平成12年12月)
34.「スポーツ振興と行政(公開フォーラム講演録)」「地域振興とスポーツ政策」(平尾誠二・辻中祐子との共同執筆)(同志社スポーツ政策フォーラム編『スポーツの法と政策』ミネルヴァ書房,2001・平成13年4月)
35.「自治体における事業評価導入の多面的意義」(『会計検査研究』第24号,2001・平成13年9月)
36.「危機管理と計画」(『都市問題』第93巻第2号,2002・平成14年2月)
37.「中央省庁・公務員制度の再編」(今村都南雄編著『日本の政府体系―改革の過程と方向』成文堂,2002・平成14年8月)
38.「地方分権の展開とローカル・ガバナンス」(『同志社法学』第54巻第3号,2002・平成14年9月)
39.「市町村合併論議の再検討」(『同志社法学』第54巻第4号,2002・平成14年11月)
40.「自治体行政改革の新展開―ローカル・ガバナンスの視点から」(『マッセ大阪 研究紀要』第8号, 2005・平成17年3月)
41.「人材を育てる」(今川・山口・新川編『地域力を高めるこれらかの協働―ファシリテータ育成テキスト』第一法規,2005・平成17年6月)
42.「政策の実施と『問題』発見」(『季刊 行政相談』第110号,2006・平成18年8月)
43.「『政策科学』のこれからと文化政策への期待」(井口貢編著『入門 文化政策―地域の文化を創るということ』ミネルヴァ書房,2008・平成20年5月)
44.「ローカル・ガバナンスにおける現業労働」(『月刊 自治研7月号』2008・平成20年7月)
45.「対象としての政策とは何か」(真山達志監修『入門 都市政策』京都アカデミア叢書5号,財団法人大学コンソーシアム京都,2009・平成21年9月)
46.「政策形成からみたライフスキル教育」(横山勝彦・来田宣幸編著『ライフスキル教育―スポーツを通して伝える「生きる力」―』昭和堂, 2009・平成21年10月)
47.「政策提案と政策学」(真山達志・今川晃・井口貢編著『地域力再生の政策学―京都モデルの構築に向けて』ミネルヴァ書房,2010年4月)
48.「大都市のあり方をめぐる論議」(『月刊 自治研3月号』通巻618号),2011・平成23年3月)
49.『大学教育と地域―地域力再生学生宣言』(公人社,2011・平成23年4月)
50.「危機管理に必要な自治体の能力」『自治体危機管理研究』第7号,2011・平成23年6月)
51.「地方分権時代におけるネットワークの設計と管理―現代の自治体行政に求められる能力―」『法学新報』第118 号,3・4 号,2011・平成23年9月)
52.「政策研究とスポーツ」(真山達志他編『スポーツ政策論』成文堂,2011・平成23年11月)
53.「被災自治体におけるローカル・ガバナンスの確保―垂直・水平補完のあり方―」『自治体危機管理研究』第9号,2012・平成24年4月)
54.「序章」「危機管理と自治体」(真山達志編著『ローカル・ガバメント論―地方行政のルネサンス』ミネルヴァ書房,2012・平成24年4月)

このページの先頭へ 著書・論文の先頭へ

■口頭発表
1.「政策実施過程―その分析視覚と意義」(日本行政学会, 1990・平成2年5月)
2.「省庁組織におけるシンボル性と機能性」(日本行政学会, 1994・平成6年5月)
3.「防災行政」(日本行政学会, 1996・平成8年5月)
4.「政策研究のとらえ方−主として行政学の立場から」(公共政策学会,1998・平成10年6月)
5.「地方自治にスポーツは必要か」(身体運動文化学会,1998・平成10年9月)
6.「政策学とスポーツ政策」(日本体育・スポーツ政策学会, 2006・平成18年12月)
7.「スポーツ振興のビジョンとプラン」(日本体育学会, 2009・平成21年8月)
8.「中央政府の対応〜阪神・淡路大震災との比較から〜」(日本自治体危機管理学会,2011・平成23年6月)
9.「自治体の政策形成と政策情報源」(政策情報学会第10回政策情報学フォーラム,2015・平成27年7月)
10.「政策としての『地方創生』は、分権・地方自治にどのような意味を持つのか」(自治体学会第15回研究大会, 2015・平成27年8月)
11.「自治体職員の行政責任―誰に対してどのような責任を負うべきか、負えるのか」(日本行政学会, 2016・平成28年5月)

■資料・報告書
1.「自治体行政におけるOA化の現状と課題」(『都市社会と自治体行政』茨城大学現代地域社会研究会,1988・昭和63年4月)
2. 原田鋼他編『現代政治学事典』(大学教育社,1991・平成3年)(「政策実施分析」,「教育行政」,「一般会計」ほか54項目執筆担当)
3.「中小企業事業転換対策―中小企業の援助・助成」(『行政作用の本質と機能とに関する調査研究報告書』行政管理庁,1983・昭和58年5月)
4.「行政作用法の分類と分析―分類の基礎概念と方法」(『行政作用の本質と機能とに関する調査研究報告書』行政管理庁,1983・昭和58年5月)
5.「調査研究の概念と方法」(『行政活動の基本構造(上巻)』行政管理研究センター,1985・昭和60年11月)
6.「助成」(『行政活動の基本構造(下巻)』行政管理研究センター,1985・昭和60年11月)
7.「建築行政」(『行政活動の基本構造(下巻)』行政管理研究センター,1985・昭和60年11月)
8.「コミュニティ活動活性化の基礎的諸条件と行政―日立市塙山コミュニティの成立と活動を例として」(『社会変化とコミュニティ』行政管理研究センター,1990・平成2年3月)
9.『猿島町における生涯学習についての住民意識調査報告―「猿島町生涯教育の実態と今後の方向についての調査研究」1989年度(第1年次)事業実績報告書』茨城大学地域計画研究会,1990・平成2年5月(生涯学習に関する猿島町職員の意識調査」担当)
10.『猿島町における生涯学習推進のための実態分析と提言』猿島町教育委員会,1991・平成3年5月
11.「県南・県西地域の課題とビジョン」(『豊かな地域創造に向けて(JICRクォータリーVol.1)』常陽産業開発センター,1991・平成3年6月)
12.「政策デリバリー・システムの変化―環境変動にともなう行政スタイル・資源利用の変化」(『社会環境の変動とガヴァメンタルシステムの動態的連関に関する調査研究報告書(平成2年度)』総務庁長官官房企画課,1991・平成3年12月)
13.「政策実施システムの分析―公共サービス供給システムの変容と課題」(『社会環境の変動とガヴァメンタルシステムの動態的連関に関する調査研究報告書(平成3年度)』総務庁長官官房企画課,1993・平成5年1月)
14.『大都市の都市政策と職員意識―比較行政調査をもとに―』京都市,1993・平成5年9月
15.「社会変動と都市計画行政の対応」(『社会環境の変動とガヴァメンタルシステムの動態的連関に関する調査研究報告書(平成4年度)』総務庁長官官房企画課,1993・平成5年10月)
16.『東近江広域施策調査研究会報告書』東近江行政組合,1999・平成11年3月
17.『広域化する市町村とこれからの住民自治のあり方に関する研究報告書』市町村行財政研究調査会ワーキング(京都府),2002・平成14年3月
18.『自治労現業評価委員会最終報告書』全日本自治団体労働組合, 2009・平成21年5月
19.『“希望と安心のふくい新ビジョン”実現のための基本方針 中間検証報告書』2010・平成22年11月

このページの先頭へ

■書評
1. Renate Mayntz and Fritz W.Sharpf, Policy-Making in the German FederalBureaucracy(『季刊 行政管理研究』第19号,1982・昭和57年9月)
2. 学界展望<行政学> Robert T. Nakamura and Frank Smallwood, The Politics of Policy Implementation(『国家学会雑誌』第97巻第5・6号,1984・昭和59年6月)
3. 河中二講著『政策と行政』(日本行政学会編『「臨調」と行政改革(年報 行政研究19号)』ぎょうせい,1985・昭和60年12月)
4. 伊藤修一郎著『自治体政策過程の動態―政策イノベーションと波及』(日本行政学会編『公務員制度改革の展望(年報 行政研究38号)』ぎょうせい,2003・平成15年5月)
5. 森田朗著『会議の政治学』(日本行政学会編『分権改革の新展開(年報 行政研究43号)』ぎょうせい.2008・平成20年5月)

■翻訳
1. 「米国の第3次フーバー委員会設置法案草案について(翻訳)』(『諸外国における行政管理の動き』第12号,行政管理庁,1981・昭和56年8月)
2. 「カナダ政府における経済開発のための行政機構の再編成及び政府全額出資公社に対する規制の強化について(共訳)」(『諸外国における行政管理の動き』第21号,行政管理庁,1983・昭和58年6月)
3. William Hampton, Local Government and Urban Politics(2nd ed.),Longman,1991(『地方自治と都市政治』君村昌監訳,敬文堂,1996・平成8年),第4章「地方政府によって供給されるサービス」担当

このページの先頭へ